お問合せ

セミナーお申込み

電子パンフ

ISO 14001審査員CPDコース
(オンラインセミナー)
コースコード:ECPweb

受講料 (通常価格)26,400円(税込)
修了者/紹介者割引価格 23,760円(税込)

JRCA登録CPD研修コース(EMS)
5時間オンライン

JRCA登録EMS審査員補の方が、
資格の維持・更新に必要なCPD1年分(5時間)を満たします。
本コースはオンラインセミナー(WEBセミナー)です。

本コースについて

JRCA((一財)日本要員認証協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター)にISO 14001審査員として登録している方は、資格維持のために毎年CPD(専門能力の継続的開発)の提出が必要です(審査員補:5時間/年、審査員以上:15時間/年)。本コースでは、JRCAのCPD対象分野の中から特に重要なテーマを厳選し、ISO/TC 207/SC1対応国内委員(前委員長)である吉田敬史氏が講義を担当します。CPDを満たすことはもちろん、環境マネジメントの最新情報を得ることができます。講義とグループ討議でより深く重要ポイントを学習します。また、JRCA登録審査員の5CPD時間を満たします。

本コースはオンラインセミナー(WEBセミナー)として行われます。公開セミナー(通学)をご希望の方は、こちらをご覧ください。

トピックス

「土曜日開催」始めます(オンラインのみ)!

多くのご要望にお応えして「土曜日」開催日程を設定しました。下記日程をご確認ください。

2021年度 新カリキュラムのお知らせ

2021年4月から始まる新カリキュラムをご紹介します(2022年3月まで。本コースのカリキュラムは毎年4月に改訂します。前年度受講された方も安心して受講いただけます)。

テーマ1:「リモート監査とEMSのデジタルトランスフォーメーション」
コロナ禍によって広がり始めたリモート監査ですが、世界の認証制度を統括するIAF(国際認定フォーラム)やISOにおけるルール化はすでに2018年に完了しており、欧米ではコロナ以前からその適用が進んでいました。本章では、IAF及びISOのリモート監査のルールについて解説し、わが国では未だ抑制的に使用されているリモート監査の徹底した適用のあり方について考察します。 一方、リモート監査の本格的活用にはEMSのデジタル化が不可欠です。コロナ禍で明らかになったわが国経済社会のデジタル化の遅れを挽回すべく政府もデジタル庁を設立し、社会のデジタルトランスフォーメーションが推進される状況にあります。本章では、リモート監査とEMSのデジタル化について最新の知見を紹介するとともに、関連するテーマでのグループ討議を通じて理解を深めます。

テーマ2:「脱炭素社会への移行元年を迎えて」
2020年10月、管政権発足と共に2050年までにわが国の温室効果ガス排出をゼロにする脱炭素社会へ向けての方針が明確になりました。米国でもバイデン政権に変わり2050年脱炭素の政策が打ち出されました。中国も習近平主席が2060年までに温室効果ガス排出ゼロを目指すという国際公約を国連の場で表明し、先行するEUに続き日・米・中の環境政策のベクトルが揃うこととなりました。これら諸国では、コロナ後の経済復興は元の姿に戻るのではなく、パリ協定と整合した脱炭素社会への移行をめざすものとし、そのために巨額の資金が投入されます。こうして2021年は「脱炭素元年」として歴史的な大転換の第一歩を踏み出す年になり、EMSの役割と責任は極めて大きくなるはずです。しかし、仮に従来通りの「紙・ゴミ・電気」のような末端での取り組みに留まるようならEMSの存在価値はなくなるでしょう。本章では、脱炭素に向けた世界のトレンドを、ISO規格の開発動向も含めて解説し、関連するテーマでのグループ討議を通じて理解を深めます。 。

本コースは、JRCA登録CPD研修コース(EMS)です(CPD時間:5時間)。

JRCA登録CPD研修コース(EMS)とは、「JRCA承認ISO 14001審査員研修コース」を実施する研修機関のJRCAに登録されたCPD対応コースです。本登録のCPDコース受講者は、修了証明書のコピーをJRCAに提出することにより、CPD実績記録の提出が不要になります。JRCA規定により、本コースを修了された方の氏名及び修了結果をJRCAへ提出いたしますのでご了承ください。

対象

受講対象者

  • 資格維持のためのCPDが必要な審査員の方(JRCA:5時間/IRCA:6時間)
  • ISO 14001をより深く理解したい方
  • オンライン(WEB)での受講をご希望の方

カリキュラム

スケジュール

1日目 10:00~16:00

  • 第1章 リモート監査とEMSのデジタルトランスフォーメーション
  • グループ討議(1)
  • 第2章 脱炭素社会への移行元年を迎えて
  • グループ討議(2)

オンライン受講について

下記内容は、必ずお申込み前にご確認ください。

通信環境について

  • 有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)のインターネット接続パソコンをご用意ください。
  • スピーカーまたはヘッドホン、マイク、WEBカメラをご用意ください。
  • 上記は、パソコンに内蔵されているものでも結構です。
  • オンラインセミナーは“Zoomミーティング”を使用します。
  • Zoomミーティングの「招待WEBアドレス」を参加前にお届けします。アプリケーションをダウンロードいただいた方が、動作環境が安定しますのでお勧めいたします。
  • 講師と受講者で双方向の通信環境が必要です(推奨内容はこちら)。上記環境、機器が欠けることのないようにお願いします。
  • 受講について

  • テキストは、開催確定後、お申込みいただいた方へ郵送にて送付いたします。
  • オンラインセミナーの参加アドレス、パスワードをお知らせいたします。開催時(受講準備時)にアクセスしてください。
  • オンラインセミナーの開始前(9:30~10:00)に受講準備を行います。受講準備時に準備が完了された方に限り、ご受講いただけます。
  • 受講修了後に、修了証(PDF版)をメールでお送りいたします。なお、すべての時間にご参加いただき、すべての過程において、講師の修了評価を得られた場合に限ります。
  • 受講中の回線の不通等により、修了とならない場合がございます。当社事由の場合、代替受講等をお願いする場合がございます。ご了承ください。
  • オンラインセミナーの録画、録音はお断りいたします。

備考

  • 掲載のカリキュラムは、2021年度カリキュラムです(2022年3月まで)。昨年度受講された方も安心して受講いただけます。
  • 本コースは、オンラインセミナー(WEBセミナー)になりますので、講義の品質を高めるために受講定員を各回10名様程度に設定させていただいております。そのため、お申し込み後に満席の場合は、受講日程の変更をお願いする場合がございます。ご了承ください。

受講料

通常価格 修了者割引価格 紹介者割引価格
26,400円(税込) 23,760円(税込) 23,760円(税込)
  • テキスト代、修了証書発行代含む。
  • 修了者割引、紹介者割引、各種割引制度の適用方法は、こちら

日程

WEB

日程 会場 ステータス
2021年12月18日(土)WEB終了
2022年1月21日(金)WEB終了
2022年2月4日(金)WEB
2022年2月18日(金)WEB
2022年3月18日(金)WEB
2022年4月23日(土)WEB
2022年5月20日(金)WEB
2022年6月17日(金)WEB
2022年7月15日(金)WEB
2022年8月5日(金)WEB
2022年9月2日(金)WEB
2022年10月7日(金)WEB
2022年11月4日(金)WEB
2022年12月10日(土)WEB
2023年1月20日(金)WEB
2023年2月17日(金)WEB
2023年3月17日(金)WEB