ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > 研修・セミナー > シックスシグマ セミナー > シックスシグマ グリーンベルトコース(コード:SGB)

ISO研修・ISOセミナー

back

シックスシグマ グリーンベルトコース(コード:SGB)

開催形態:公開セミナー(5日間通学) JRCA登録 CPDコース/企業内セミナー

グリーンベルトに必要なDMAIC手法の習得に最適です。

DMAIC手法の基本に従い、シックスシグマプロジェクトのメンバーとなる人材「グリーンベルト」を独自開発プログラムで習得いただきます。導入を検討中の企業や、プロジェクトの計画、運営、指導のためのスキルを獲得したい改善担当者にも最適なコースです。本コースはシックスシグマを導入した企業のマスターブラックベルト経験者が講師を担当します。

本コースは、JRCA登録 CPDコースとなりました(CPD時間:31時間15分)。本コースの受講者は、修了証のコピーをJRCAへ提出することにより、CPD実績記録の提出が不要になります。

【対象】

シックスシグマのプロジェクトメンバーの候補者

改善活動の担当者で、業務プロセス改善の基本を、体系的にマスターしておきたい方

取引先から、グリーンベルトの養成を要請された企業の方


【カリキュラム】
ステップ 講義項目 講義内容
DMAIC概要 シックスシグマDMAIC手法全体像の理解 DMAICを実践するための必要な知識を習得
Define 改善プロジェクトの目標明確化 プロジェクト計画
Measure 現在のプロセス調査・測定と変更の機会の明確な理解 プロセス能力の測定手法を習得。改善すべき要因を絞り込む
Analyze プロセス改善の機会の明確化 Measureで絞り込んだ要因について、改善すべき事項に最も影響を与える要因の発見を行う
Improve 改善案の作成 Analyzeで絞り込んだ重要要因に対し、実験計画法を活用して改善項目の決定、改善策の実施を行う
Control 改善案の実施・定着および評価 Improveで実施した改善の成果を長期的に維持できる仕組みを作る

【内容例】
第1章 総論
(1) シックスシグマの概要
0101. 目標
0102. 従来の活動の違い
0102. シックスシグマの組織体制
0103. クオリティとは(Y=F(X))
0104. 欠陥の定義とQCD
0105. シックスシグマの特徴
0106. シックスシグマの略史
(2) DMAICの概観
0107. なぜ改善手法を使うのか?
0108. Defineの概観
0109. Measureの概観
0110. Analyzeの概観
0111. Improveの概観
0112. Controlの概観
(3) グリーンベルトの役割
   
第2章 Define
(1) Defineの概観
(2) プロジェクトを開始する
0201. チャーター:作成と承認のルート
0202. チャーターの重要性
0203. チャーター要素:目的
0204. チャーター要素:重要性(ビジネスケース)
0205. チャーター要素:スコープ
0206. チャーター要素:指標
0207. チャーター要素:成果物
0208. チャーター要素:リソース
0209. 役割と責任:リーダー、メンバー、コーチ、チャンピオン
0210. ステークホルダーは誰か
0211. 顧客は誰か
(3) 顧客の声を理解する
0212. 顧客の声(VOC)とは何か?
0213. VOCが重要な理由
0214. VOCのプロセス<1>:顧客の特定
0215. VOCのプロセス<2>:データ収集
0216. VOCのプロセス<3>:データ分析
0217. 親和図法
0218. 狩野モデル
0219. VOCのプロセス<4>:VOCをCTQツリーに翻訳
0220. VOCのプロセス<5>:CTQに対応する仕様を設定
(4) プロセスの基本
0221. プロセスとは何か
0223. SIPOC分析
(5) 低品質に起因するコスト(COPQ)
0224. COPQとは何か
0225. 典型的なCOPQ率
0226. 歩留まり
0227. COPQ算出
(6) トールゲート:Define
(7) 理解度確認:Define
   
第3章 Measure
(1) Measureの概観
(2) プロセスの分析
0301. 目標
0302. フローチャート
0303. アクティビティフローチャート
0304. 展開フローチャート(スイムレーン)
0305. フローチャートの書き方
0306. 付加価値と非付加価値ステップ
0307. ムダを強調したフローチャート
0308. 機会フローチャート
0309. サイクルタイム
0310. サイクルタイムの測定
0311. ボトルネック
(3) MNITABの使い方:基礎編
(4) 変数の測定システム分析
0312. 目標
0313. 測定システムの調査
0314. 測定システムの特性
0315. ゲージR&R
0316. ゲージR&R分析(MINITAB活用)
(5) 属性の測定システム分析
0317. 目標
0318. 合否判定調査
0319. 属性ゲージR&R(MINITAB活用)
(6) サンプリングの技法
(7) データを視覚化する方法
0320. ヒストグラム(MINITAB活用)
0321. ヒスとグラムの見方
0322. 箱ひげ図(MINITAB活用)
0323. ランチャート(MINITAB活用)
0324. ランチャートの見方
0325. マルチバリチャート(MINITAB活用)
0326. パレート図(MINITAB活用)
0327. パレートの法則
(8) 記述統計の概説
0328. 平均値
0329. メディアン(中央値)
0330. モード(最頻値)
0331. レンジ(範囲)
0332. 平方和
0333. 分散
0334. 標準偏差
0335. 分布のグラフ表示
(9) プロセス能力の調査
0336. 規格と分布の関係
0337. プロセス能力指数:Cp
0338. プロセス能力指数:Cpk
0339. 工程能力分析(MINITAB活用)
(10) トールゲート:Measure
(11) 理解度確認:Measure
   
第4章 Analyze
(1) Analyzeの概観
(2) 可能性ある原因を特定する
0401. 焦点を合わせた問題記述書の作成
0402. ブレーンストーミング
0403. なぜなぜ分析
0404. 特性要因図
0405. ツリー図
(3) インプットの絞込み
0406. データで仮説を検証する
0407. 散布図の定義
0408. 散布図(MINITAB活用)
0409. 層別頻度図
(4) 正規分布の基礎知識
(5) 相関・回帰
0410. 相関分析と回帰分析の定義
0411. 散布のパターン
0412. 相関係数
0413. 決定計数(寄与率)
0414. 相関・回帰(MINITAB活用)
(6) 区間推定と信頼区間
0415. 推定の定義
0416. 信頼区間と信頼率
0417. 母集団の平均値(母平均)の推定(MINITAB活用)
(7) 仮説検定と危険率
0418 統計的仮説検定の原理
0419. 帰無仮説
0420. 対立仮説
0421. 2種類の誤り(αリスク、βリスク)
0422. 有意水準
0423. 検出力
0424. P値
0425. 仮説検定のステップ
0426. 仮説検定の種類
(8) 平均値の検定(t検定)
0427. 1サンプルt検定(MINITAB活用)
0428. 2サンプルt検定(MINITAB活用)
(9) 離散データの検定(X2検定)
0429. X2検定(MINITAB活用)
(10) 分散分析
0430. 分散分析(ANOVA)とは
0431. 1因子実験(MINITAB活用)
0432. 2因子実験(MINITAB活用)
0433. ばらつきの検定(MINITAB活用)
(11) トールゲート:Analyze
(12) 理解度確認:Analyze
   
第5章 Improve
(1) Improveの概観
(2) 解決案を生み出し、選択する
0501. ブレーンライティング
0502. 類推
0503. アイデア・ボックス
0504. 判断基準を作り、重み付けする
0505. 選択肢を評価(ランク付け)する
0506. 優先順位マトリックス
0507. 解決策を試行する
0508. 試行を成功させる鍵
0509. 変更への抵抗
0510. 運用への移行が上手く行かない
(3) 解決策を実施する
0511. 計画とは何か
0512. 作業(Task)と時間軸の計画
0513. 計画ツール<1>:ツリー図
0514. 計画ツール<2>:ガントチャート
0515. 計画ツール<3>:計画表
0516. 計画ツール<4>:フローチャート
0517. 予算とリソースの計画作成
0518. ステークホルダーの計画
0519. 確認の計画
0520. 潜在的問題の分析(故障モード影響解析:FMEA)
0521. リスクを軽減あるいは排除
0522. FMEAの実施方法
0523. 計画実施のステップ
(4) 結果を評価する
0524. チェックリストの準備
0525. 結果の定量化
0526. 評価と対応
(5) トールゲート:Improve
(6) 理解度確認:Improve
   
第6章 Control
(1) Controlの概観
(2) 標準化
0501. 作業標準と手順を作る
0502. トレーニング
(3) 計量値管理図
0503. 管理図の構成
0504. 管理図作成の手順
0505. X-R管理図(MINITAB活用)
(4) 計数値管理図
0506. 計数値管理図の種類
0507. p管理図、np管理図(MINITAB活用)
0508. c管理図、u管理図(MINITAB活用)
(5) トールゲート:Control
(6) 理解度確認:Control
   
第7章 シックスシグマ プロジェクト事例
   
第8章 コースのまとめ
カリキュラムは予告無く改善することがございます。

【時間】
各日とも9:30〜17:00 ※会場その他の条件で変更が生じる場合があります。

【特典】
シックスシグマは統計処理ソフトMINITABを活用して、種々のデータを手際よく分析していきます。本コースでは、MINITABリリース17日本語版を使用します。このコースではPCをご持参ください。

【備考】
満席等の場合がございますので、事前に空席状況をお電話等でお問い合せいただくと確実です。

【お客様の声】
演習がうまく織り込んでありわかり易かった。
5日間はボリュームが大きかったですが基礎から勉強し直す事が出来良かったです。
難しい問題をわかりやすくご説明いただけた。
演習がたくさん盛り込んであるので、具体的なイメージをつかみ易い。
分かりやすく、丁寧に説明していただきました。
問題解決や改善の手法、データの分析方法を学ぶことができ、これからの改善業務だけでなく、既存業務に対する新たな視点を持てたと思う。

【受講料】
通常価格
修了者割引価格
紹介者割引価格

216,000円(税込)

194,400円(税込)

194,400円(税込)
テキスト代、修了証書発行代、昼食代含む。
修了者割引、紹介者割引、各種割引制度の適用方法は、こちら >>>

【日程】シックスシグマ グリーンベルトコース(コード:SGB)
日程
会場
 
2017年3月6日(月)〜3月10日(金) 東京 終了
2017年7月3日(月)〜7月7日(金) 東京 申込みはこちら
2017年11月6日(月)〜11月10日(金) 東京 申込みはこちら
2018年3月5日(月)〜3月9日(金) 東京 申込みはこちら


(株)グローバルテクノ 研修事業部
TEL:03-3360-9001
FAX:03-3367-2001
〒161-0033 東京都新宿区下落合1-5-22 アリミノビル 4階

【 企業内セミナー 】
上記の日程と受講料は、「公開セミナー」の場合です。
企業内セミナーでは、貴社と担当講師の都合を調整しながら、適切な研修日程を立案します。企業内セミナーの日程、時間、費用は、下記宛てに、お問い合わせください。

(株)グローバルテクノ コンサル事業部
TEL:03-3360-9005
E-mail:eigyo@gtc.co.jp

 
関連情報
シックスシグマとは何か?
シックスシグマ Q&A
海外パートナー
講師よりのメッセージ
シックスシグマ資料室(用語集)
シックスシグマ 特別セミナー
シックスシグマ グリーンベルトコース
シックスシグマ ブラックベルトコース
リーンシックスシグマ イエローベルトコース
リーンシックスシグマ チャンピオンコース
リーンシックスシグマ グリーンベルトコース
リーンシックスシグマ ブラックベルトコース
リーン 入門コース
リーン チャンピオンコース
リーン 改善リーダーコース
リーン グリーンベルト認定コース
MINITAB 活用基本コース
改善ファシリテーター養成コース

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る