お問合せ

セミナーお申込み

リーンシックスシグマ入門コースコースコード:LSI

受講料:企業内セミナーにつき、お問合わせください。

企業内セミナー
1日通学

オペレーショナル・エクセレンス実現シリーズ(1)

本コースについて

世界中で最も活用されている改善手法「リーンシックスシグマの基礎技術」を指導します。ハードスキルの理解と行動を通じ、オペレーショナル・エクセレンス実現への土台を築くことができます。

対象

受講対象者

  • リーンシックスシグマの組織展開を検討されている方
  • リーンシックスシグマを日本語で学習したい初級者
  • 改善活動やオペレーショナル・エクセレンスの推進方法でヒントを得たいと考えている担当者

カリキュラム

スケジュール

スケジュール例になります。

  • リーンシックスシグマ概要(座学)
  • リーンシックスシグマとは
  • DMAICステップで進める改善フレームワーク
  • リーンのコンセプト(座学+演習)
  • ムダ取りから進める効果的な改善
  • ムダの定義
  • 現場への応用
  • シックスシグマのコンセプト(座学)
  • バラツキの最小化
  • バラツキを定量化する方法
  • シックスシグマの活用方法
  • TOC(ザ・ゴールの制約理論)のコンセプト(座学)
  • ボトルネックを最適化する
  • ボトルネックの見つけ方
  • ドラムバッファーロープ
  • オペレーショナルエクセレンスのための全体最適から進める改善戦略(座学+演習)
  • 効率的な改善活動=オペレーショナルエクセレンス
  • VSA(価値の流れ分析)による最優先改善領域の特定
  • バリューストリームマップを活用する工程の見える化
  • オペレーショナルエクセレンスを目指すリーンシックスシグマの成功事例(座学)
  • 導入成功事例の紹介
  • 失敗してしまう導入事例

講師

小林 孝

Kobayashi Takashi


1985年から米海軍基地勤務。1992年からQCアドバイザーとして設計部で活動。1997年から艦船修理部隊の改善推進室専任スタッフとして、2,300人構成の部隊全体の改善推進を担当。2008年からLean Six Sigmaブラックベルトとして活動。その後、米海軍基地を退職し、現在は(株)グローバルテクノのリーンシックスシグマの講師、コンサルタントとして活躍中。

資格:米軍海リーンシックスシグマ・ブラックベルト、米海軍ファシリテーター、ASQクオリティアソシエイツ

お問合せ先

株式会社グローバルテクノ 研修事業部(企業内セミナー担当) E-mail:eigyo@gtc.co.jp TEL:03-3360-9005