お問合せ

セミナーお申込み

品質管理専門コース
(QC検定2級程度)
コースコード:KHN2

受講料 (通常価格)56,000円+税
修了者/紹介者割引価格 50,400円+税

2日間通学

QC手法の正しい理解を習得された方に、抜き取り検査の概念、
測定あるいは実験を通して取得したデータの正しい分析の方法の基本を学びます。
このコースは「品質管理検定」の2級に対応しています。

本コースについて

企業内での品質管理、品質改善、品質保証あるいはISO 9000推進、内部監査等に従事する方にとってQC手法の正しい理解や統計的手法は実務に欠かせない事項です。このコースではQC手法の正しい理解を習得された方に、統計の基礎的理解をベースに抜き取り検査の概念及び方法、そして実験の正しい計画の作り方、測定あるいは実験を通して取得したデータの正しい分析の方法の基本を学びます。なお、新QC7つ道具、データ整理の基礎、抜き取り検査の知識は「品質管理検定」の2級の試験範囲内です。

対象

受講対象者

  • 品質管理、品質保証部門の担当者
  • データ整理及び統計の基礎を学ばれる方
  • ISO推進担当者、内部監査員、品質管理、改善活動の知識をあらためて整理・確認したい方
  • 改善活動の実践者、指導者を目指す方
  • QC検定3級の合格とともにその先を目指す方
  • QC検定2級の試験前の直前対策は、QC検定2級・直前対策講座(コード:QC2)をご覧ください。

カリキュラム

スケジュール

1日目 9:30~17:00

  • データの表し方とデータの種類
  • 特性と層別、無限母集団と有限母集団、標本
  • 計数値と計量値
  • 確率分布と正規分布
  • 数値一覧表と確率分布について(正規分布、カイ二乗分布、t分布、二項分布)
  • F分布
  • 抜取検査とサンプリング
  • 全数検査と抜取検査(規準型抜取検査、調整型抜取検査)
  • ランダムサンプリング、二段サンプリング、層別サンプリング、集落サンプリング、系統サンプリング
  • 相関分析と回帰分析
  • 相関、相関係数、相関分析、寄与率
  • 単回帰と重回帰、決定係数と残差、回帰式の有意差検定、系列相関
  • 新QC7つ道具
  • 各手法概要(連関図法、親和図法、系統図法、PDPC法、マトリックス図法、マトリックスデータ解析法、アローダイアグラム)
  • 演習(QC検定2級過去問題を解く:抜取検査、新QC七つ道具)
  • 参考図書を使い演習を通じて整理し理解を深める。参照過去問題参考図書:2015年改定レベル表対応 品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験2級対応(2015/12/11 新藤 久和)

2日目 9:30~17:00

  • 統計的推定と仮説検定の考え方
  • 統計的推定について(点推定、区間推定)
  • 仮説検定について(2種の誤り、仮説と検定)
  • 統計的推定と仮説検定の事例
  • 一標本問題:一つの母集団から取ったデータと既知の値を比較する検定と点推定・区間推定を事例から通じて段階的に学ぶ
  • 実験計画とデータの分析の基本
  • 実権計画法の目的と有効性
  • 実権計画法の種類(一元配置、二元配置、多元配置、分割法、直行配列、線点図、タグチメソッド)
  • 信頼性工学
  • 信頼性工学の基本(工程FMEA、FTA、リスクマトリックス、PDPC、HAZOP、チェックリスト)
  • 品質機能展開
  • 品質機能展開の定義(品質展開、技術展開、コスト展開、信頼性展開、業務機能展開)
  • 品質表(品質特性展開表、要求品質展開表)
  • 演習(QC検定2級過去問題を解く:計量値・計数値データに基づく検定と推定、実験計画法、信頼性工学、品質機能展開)
  • 参考図書を使い演習を通じて整理し理解を深める。参照過去問題参考図書:2015年改定レベル表対応 品質管理の演習問題と解説(手法編) QC検定試験2級対応(2015/12/11 新藤 久和)

講師

星山 孝子

Kobayashi Takashi


アイ・イー・テック 代表。1990年代、日本国内の大学工学部卒業後、家業の精密機械サービス工場に従事し、国内・海外の製造業界を技術的に支えてきた。専門家に師事を得て工場経営に必要な品質管理、生産管理を経験・習得する。2000年代、ロンドン大学大学院工学部へ留学を経て、外資系自動車部品メーカー、外資系物流企業に勤務し、Industrial Engineering等に従事。業務改善・効率化に貢献し、社長賞を受賞。青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(MBA)修了後、2010年、アイ・イー・テックを設立。教育訓練機関他に於いて、若手技術者及び次世代リーダー向けに工場経営の基本と実践を訓練・教育している。東証一部上場・重工業、鋳物、射出成型・金型メーカー他、国内・海外にて工場経営コンサルティング業に従事。製造・物流業界を支えている。現在、東京大学大学院先端学際工学博士課程にて企業活動の生産性を研究している。

資格:JSA品質管理責任者セミナー専修科修了。モダプツ法技能認定習得。ASR内部監査員修了。JUSE QCサークル指導士資格認定。

会員:日本インダストリアルエンジニアリング協会。日本オペレーションズ・リサーチ学会。日本機械学会。日本企画計画学会。

著書:「国際品質保証協会機関紙15、17巻」、「(財)企業活動研究所活動集5~11期」共著。

受講料

通常価格 修了者割引価格 紹介者割引価格
56,000円+税 50,400円+税 50,400円+税
  • テキスト代、修了証書発行代、昼食代含む。
  • 修了者割引、紹介者割引、各種割引制度の適用方法は、こちら

日程

東京

日程 会場 ステータス
2019年4月22日(月)~4月23日(火) 東京