ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > 研修・セミナー > シックスシグマ セミナー > シックスシグマ ブラックベルトコース(コード:SBB)

ISO研修・ISOセミナー

back

シックスシグマ ブラックベルトコース(コード:SBB)

Six Sigma Black Belt Course
企業内セミナー 標準期間:5ヵ月


【標準概要】

日程
第1週目: 2日間
第2週目: 3日間
第3週目: 3日間
第4週目: 3日間
第5週目: 2日間
会場
貴社 研修室
提供物

(1) テキスト ( ハードコピー )
(2) 試験問題
(3) 演習用データ
(4) シックスシグマブラックベルトコース修了証

持参物
ラップトップPC - MINITAB ソフトウェアVer.16or17 及び Excelを使用
使用言語
日本語
オプション
(1) プロジェクト・コーチング(貴社現場 またはSkype)
(2) シックスシグマブラックベルト認定証(コース修了とプロジェクト評価合格が条件)
(3) LEAN-VSM を活用するテーマ選定ワークショップ (2日間)


【スケジュール例】


LEAN-VSM を活用するテーマ選定ワークショップ (2日間)


【内容例】

1 Introduction
101: シックスシグマ概要
102: MINITAB の使い方 - 入門 -
103: 正規分布の基礎知識
   

2 Define (定義) フェーズ
201: Define フェーズの目的
202: 顧客は誰か
203: 演習: 顧客相関図の作成
204: CSM 概要
205: VOC (Voice of Customer)
206: COPQ (Cost of Poor Quality)
207: CTQ (Critical to Quality) ドリルダウン
208: 問題(Y)の特定
209: ベンチマーキング
210: プロジェクトテーマの選定
211: プロジェクトチャーターの作成
212: トールゲート
213: 試験

   

3 Measure (測定) フェーズ
301: Measure フェーズの目的
302: チーム活性化の方法
303: プロセスと顧客の重視
304: プロセスマップ
305: FTA (Fault Tree Analysis)
306: 要因(X)の追求と整理
307: 要因(X)の絞り込み
308: FMEA (Failure Modes & Effects Analysis)
309: 演習 : 要因の抽出と絞込み
310: データの種類
311: MSA (Measurement System Analysis)
312: 演習: 連続データ GageR&R
313: 属性データ GageR&R
314: 演習: 属性データ GageR&R
315: プロセス能力
316: 演習 : プロセス能力調査
317: バラツキの挙動
318: 演習 : プロセスマップからFMEAへの展開
319: トールゲート
320: 試験

   
4 Analyze (分析) フェーズ
401: Analyze フェーズの目的
402: 記述統計の概要
403: データを視覚化する方法
404: データを視覚化する方法 (詳細)
405: 演習 : グラフとチャートの作成
406: 相関・回帰
407: サイクルタイムの削減
408: 問題の原因診断法
409: 中心極限定理・大数の法則
410: 区間推定と信頼区間
411: 仮説検定
412: 平均値の検定
413: 演習 : t検定
414: 離散データの検定
415: 分散分析 (1因子実験)
416: 演習: X2検定
417: トールゲート
418: 試験
   

5 Improve (改善) Phase
501: Improve フェーズの目的
502: チームスキル : 対立と交渉
503: 分散分析 (1因子実験) 詳細
504: 実験計画の概要
505: 分散分析 (2因子実験)
506: 演習: 分散分析
507: 分散分先 (3因子実験)
508: 分散分析 (一般線形モデル)
509: 実験の原則
510: DOE (Design of Experiment) : 実験計画法
511: 演習 : DOE
512: センターポイント, ブロック化
513: 一部実施の実験計画
514: EVOP (Evolutionary Operation)
515: 応答曲面法
516: 重回帰
517: 計数値を応答とする実験
518: トールゲート
519: 試験

   
6 Control(維持) Phase
601: Control フェーズの目的
602: チームスキル : 変革
603: 解決策の選択
604: 解決策の導入
605: 成功をこの手に
606: 品質計画
607: ポカよけ
608: データ傾向を視覚化する方法
609: 計量値管理図
610: 計数値管理図
611: トールゲート
612: 試験


【補足】

摘要
標準日数
定員
アウトプット
A) 座学だけ 13日間 20名 コース修了証
B) 座学+コーチング 13日間+5日間
座学 : 20名
コーチング : 1日3チーム

(備考1) ブラックベルト認定証は、次の全ての要件を満たす方に発行しています。
(1) 弊社又は(株)グローバルテクノのブラックベルトコース(座学)を合格修了
(2) DMAICプロジェクトのリーダーとして活動
(3) 弊社基準を超えるプロジェクト成果を最終報告書で見積
(4) 座学修了から1年以内に、弊社のプロジェクト評価において合格
(5) プロジェクト最終報告書においてチャンピオンが承認

(備考2) 統計分析のソフトウェア

座学では、統計分析ソフトウェア「MINITAB」とExcelを使用します。座学中は、左のソフトウェアを組み込んだラップトップPCを、教室に持参いただきます。ソフトウェアの費用は、上記「概算」に含まれておりません。「MINITAB」の購入先及び費用は、以下の(株)構造計画研究所のWEBを参照ください(http://www2.kke.co.jp/minitab/)。

(備考3) Skype

プロジェクト・コーチングでSkype活用を希望されます場合には、お客様にてコールをお願い致します。


【開催について】
本コースは、企業内セミナー(講師派遣型)として開催いたします。詳しくは下記までお問い合わせください。


(株)融合経営 シックスシグマチーム
TEL:03-3360-9005
E-mail:eigyo@gtc.co.jp
(株)融合経営は、グローバルテクノグループの講師派遣、コンサル専門会社です。

 
関連情報
シックスシグマとは何か?
シックスシグマ Q&A
海外パートナー
講師よりのメッセージ
シックスシグマ資料室(用語集)
シックスシグマ 特別セミナー
シックスシグマ グリーンベルトコース
シックスシグマ ブラックベルトコース
リーンシックスシグマ イエローベルトコース
リーンシックスシグマ チャンピオンコース
リーンシックスシグマ グリーンベルトコース
リーンシックスシグマ ブラックベルトコース
リーン 入門コース
リーン チャンピオンコース
リーン 改善リーダーコース
リーン グリーンベルト認定コース
MINITAB 活用基本コース
改善ファシリテーター養成コース

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る