ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > 研修・セミナー > ISO9000コース > ISO9001審査員CPDコース(コード:CPD)

ISO研修・ISOセミナー

back

ISO9001審査員CPDコース(コード:CPD)

2日間通学(平日開催)

JRCA登録ISO9001差分研修コース/JRCA登録CPD研修コース(QMS)
JRCA登録ISO9001主任審査員、審査員の方が、資格の維持・更新に必要なCPD1年分(15時間)を満たします。

本コースは、日ごろ審査機会の少ない審査員の方、特に企業にお勤めの審査員補の方のCPDに最適なコースです。ISO9001規格の重要点を、ケーススタディ・監査演習を通して学ぶことにより、審査技術の向上を目指す内容になっています。講義は、ISO9000審査員研修コースの主任講師をはじめとした精鋭講師陣が担当します。本コースの内容は、毎年11月にリニューアルしております。計画的にCPDのコースをご受講ください。

本コースは、下記枠内【移行要件】の、JRCA登録の「(新旧規格)差分研修」に該当するコースであり、ISO9001:2015年版への審査員資格移行に有効です。また、JRCA登録CPD研修コース(QMS)であり、JRCA登録ISO9001主任審査員、審査員の方が、資格の維持・更新に必要なCPD1年分(15時間)を満たします。

また、IRCAの継続的能力開発(CPD)として、15時間分を満たします。

2015年8月6日、一般財団法人日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)より、「ISO9001改訂に伴うJRCA登録QMS審査員資格の移行について」が公表されました。

【移行要件】
現行規格との差分を含む改訂規格対応の研修か、それと同等の教育・訓練のいずれかの「修了」を示す証拠、又は現行規格との差分を中心とした改訂規格の理解を示すレポートの提出を要件とする。
JRCA登録の「(新旧規格)差分研修」の受講を推奨する。
IAF加盟認定機関の認定を取得した認証機関が行う上記内容の研修の受講を可とする。
講師は、JABが主催する「規格改正セミナー」受講者が担当し、且つ内容は同セミナーに準拠した研修を推奨する。
(新旧規格の)差分の理解を示すレポートの提出を可とする。
レポートを選択した場合は、指定された7項目について(それぞれ)400字以内にまとめて提出する。(別紙「QMS審査員の2015年版資格への移行のためのCPD記録作成方法について」参照)

【申請の時期・移行期限】
移行申請はISO9001:2015改訂規格発行後に受付を開始し、移行期限は改訂規格発行後3年とする。


詳しくは、下記をご覧ください。
JRCA「QMS審査員資格のISO9001:2015移行手続きのご案内」
http://www.jsa.or.jp/wp-content/uploads/qms_2015_ikou.pdf

2013年1月より、「JRCA登録 QMS CPDコース」となります(JRCA登録 QMS CPDコースとは、JRCA AQI 120 「品質/情報セキュリティマネジメントシステム審査員の資格基準」 の 「10.2 継続的専門能力開発(CPD)実績」 で認められる活動項目)。JRCA登録のQMS審査員補、QMS審査員、QMS主任審査員の方は、研修修了証の写しを提出することでCPD用紙の記入は不要になります。

JRCA登録のQMS審査員補のCPD時間が変更されました。これまでの“15時間以上”が“5時間以上”になりました。お時間の無い方は、「QMS CPD 5時間コース(コースコード:CPD5)」をご利用ください。

【対象】
ISO9001審査員、審査員補の方
企業にお勤めの審査員補の方
審査機会の少ない審査員の方
CPDを必要とされている方

【コース内容】*2016年11月、コース内容を変更しました!

ISO9001:2015解説&ISO9001:2015の理解 −審査視点、組織視点の理解−

リスク及び機会

マネジメント系業務の審査

本コースは、「ISO9001審査員ブラッシュアップコース(コード:CP)」と講義テーマが同じ部分がございます。

【講師】
ISO9000審査員研修コースの主任講師をはじめとした精鋭講師陣が担当

【時間】
1日目/8:45〜18:00
2日目/8:45〜17:00 

【備考】
JIS Q 9001:2015をお持ちの方はご持参ください。

【お客様の声】
いろいろな人達と話し合える機会を多く持つことが出来た。
テキスト:章の終わりに「まとめ」を入れて欲しい。(事務局より:今後の検討にいたします)
グループ討議が多くあり、受講者同士の意見交換もたくさんでき、とても有意義でした。
講義内容を事前に表示した方がbettrと思われる。受講者は自分の力量のどこを向上させたいか目的を持って参加するが、参加してから講義の内容が分かるのでは、目的と内容が異なる場合も生じるため。(事務局より:HPでテーマと講義スタイルを表示しています。さらに詳細を希望する場合、直接電話等でお問合せ下さい)
今までの講習ではケーススタディの検討におわれていましたが、今回は規格の検討が十分時間があり有意義でした。
ディスカッションが多く知識の幅が広がるものであった。
最新の規定等について、ていねいな説明がよかった。
自由な討議は大変役立った。
テキストに書き込みをさせる点は良いと思いました。
他業種の状況がわかって参考になりました。
19011のボリュームが多く、もう少しゆっくり進めていただきたかった。
本コースは2回目の受講ではあるが、又楽しい発見ができた。
〜受講後のご感想です(原文掲載、以前のカリキュラムのコース含)〜

【受講料】
通常価格
修了者割引価格
紹介者割引価格

54,000円(税込)

48,600円(税込)
48,600円(税込)
テキスト代、修了証書発行代、昼食代含む。
修了者割引、紹介者割引、各種割引制度の適用方法は、こちら >>>

【日程】ISO9001審査員CPDコース(コード:CPD)

日程
会場
 

2017年2月13日(月)〜2月14日(火)

東京

終了

2017年2月16日(木)〜2月17日(金)

大阪

終了
2017年4月6日(木)〜4月7日(金) 東京 終了
2017年5月8日(月)〜5月9日(火) 大阪 終了
2017年6月15日(木)〜6月16日(金) 東京 終了
2017年8月3日(木)〜8月4日(金) 大阪 終了
2017年8月24日(木)〜8月25日(金) 東京 申込みはこちら
2017年10月12日(木)〜10月13日(金) 東京 申込みはこちら
2017年11月16日(木)〜11月17日(金) 大阪 申込みはこちら
2017年11月28日(火)〜11月29日(水) 東京 申込みはこちら
2018年2月8日(木)〜2月9日(金) 大阪 申込みはこちら
2018年2月26日(月)〜2月27日(火) 東京 申込みはこちら


(株)グローバルテクノ 研修事業部
TEL:03-3360-9001
FAX:03-3367-2001
〒161-0033 東京都新宿区下落合1-5-22 アリミノビル 4階

 
関連情報
ISO9001:2015改正規格解説コース
ISO9001:2015システム移行コース
ISO9001:2015内部監査員移行研修コース
マネジメントシステム審査員移行トレーニングコース(モジュール1:附属書SL 審査員移行研修コース)
ISO9001:2015審査員移行研修コース(モジュール2)
ISO9000審査員研修コース
ISO9000審査員資格拡大研修コース
ISO9001徹底解説コース
ISO9001管理責任者・推進者コース
ISO9001内部監査リーダーコース
ISO9001入門コース
ISO9001内部監査員養成コース
ISO9001審査員ブラッシュアップコース(1年分CPD対応)
ISO9001審査員CPDコース(1年分CPD対応)
QMS CPD 5時間コース
プロセスアプローチとリスクに基づく考え方展開コース
品質マネジメントシステム有効性改善コース
プロの審査テクニックを身につける実践的審査員トレーニングコース

グローバルテクノのセミナーは、企業内セミナー(講師派遣型)の開催が可能です。詳しいお問合せは、TEL.03-3319-9201 E-mail:eigyo@gtc.co.jp まで。

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る