ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > 研修・セミナー > FSMS(食品安全マネジメントシステム)コース > FSSC22000対応 食品安全マネジメントシステム構築コース(コード:FSC)

ISO研修・ISOセミナー

back

FSSC22000対応 食品安全マネジメントシステム構築コース(コード:FSC)

企業内セミナー

世界の大手小売会社、飲料メーカー等が続々と導入を進めているFSSC 22000の認証取得に対応するための構築・文書化のポイントを平易に解説します!

食品業界でいま最も注目されているFSSC22000スキームは、HACCPのためのマネジメントシステム規格であるISO22000:2005とその基礎となるPRP(前提条件プログラム)の要求事項ISO/TS22002-1:2009(及びPAS220)を統合した食品安全マネジメントシステムの認証制度です(PAS220:2008は2012年3月16日で廃止されたため、今後はISO/TS22002-1のみとなります)。本コースでは、FSSC22000に対応した食品安全マネジメントシステムを構築するためのノウハウを、特にPRPの構築に焦点を当てて解説します。また代表的な文書作成・評価の演習にも取り組んでいただきます。

【対象】
FSSC22000の認証取得に向けて準備中の食品メーカーの推進担当者
FSSC22000に対応したPRP(前提条件プログラム)の構築・文書作成担当者
ISO22000とISO22002-1(PAS220)を統合した食品安全マネジメントシステムの食品安全チームリーダー・メンバー、推進担当者、内部監査員

【カリキュラム】
GFSI承認規格とFSSC22000スキーム
ISO22000とFSSC22000との関係
ISO22000の概要
ISO22002-1に基づく前提条件プログラム
演習/食品安全マネジメントシステムに必要な文書の洗い出し
演習/PRP(前提条件プログラム)の文書化(作成演習)
演習/PRPの検証と評価

【講師】
西浦 孝輝 氏
(株)フード・コミュニケーションズ代表。IRCA認定FSMS審査員コース主任講師、ISO22000主任審査員、ISO22000/HACCPコンサルタントとして活躍中。
<主な資格>
IRCA登録FSMS主任審査員/QMS審査員。東京都「食品衛生自主管理認証制度」登録審査員
<主な著作>
『ISO22000:食品安全マネジメントシステム実践事例集』(日本能率協会マネジメントセンター 2005 共著)、『新編・日本食品事典』(医歯薬出版 1982 共著)

【お客様の声】
ISO/TS22002-1の内容について、FSSCについてよく理解できた。
テキストはチェックリスト形式で要点となっており解りやすい。

このような視点の研修は無かったので参考になりました。

とてもていねいに教えていただきました。

直接話しを聞いてよく分かりました。


【開催について】
本コースは、企業内セミナー(講師派遣型)として開催いたします。詳しくは下記までお問い合わせください。


(株)グローバルテクノ コンサル事業部
TEL:03-3360-9005
E-mail:eigyo@gtc.co.jp

 

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る