ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > ISO情報 > ISO最新情報

ISO情報

back

ISO最新情報

世界のマネジメントシステム認証件数、2015年版発表(2016.12.14掲載/2017.1.26訂正)
世界のマネジメントシステム認証件数(ISO Survey-2015)が、ISO中央事務局より公表されました。

<各規格の認証件数上位国ランキング>↓

ISO9001
(品質)

ISO14001
(環境)
ISO/TS16949
(自動車産業)
ISO/IEC27001
(情報)
ISO22000
(食品安全)
ISO13485
(医療機器)
ISO50001
(エネルギー)

1

中国
292,559件
中国
114,303件
中国
25,498件

日本
8,240件

中国
9,949件
アメリカ
5,231件
ドイツ
5,931件
2

イタリア
132,870件

日本
26,069件
韓国
5,089件
イギリス
2,790件
インド
2,071件
イタリア
2,635件
イギリス
1,464件
3
ドイツ
52,995件
イタリア
22,350件
インド
4,992件
インド
2,490件
ギリシャ
1,526件
ドイツ
2,508件
フランス
500件
4
日本
47,101件
イギリス
17,824件
アメリカ
4,345件

中国
1,469件

ルーマニア
1,171件

中国
1,961件

イタリア
470件

5

イギリス
40,161件

スペイン
13,310件
ドイツ
3,473件
アメリカ
1,247件

日本
1,089件

イギリス
1,651件

インド
405件

6

インド
36,305件

ルーマニア
10,581件

日本
1,482件

ルーマニア
1,078件
トルコ
987件
フランス
1,400件
スペイン
390件
7
アメリカ
33,103件
ドイツ
8,224件
タイ
1,468件

イタリア
1,013件

台湾
937件
スイス
1,164件

台湾
262件

8

スペイン
32,730件

フランス
6,847件
メキシコ
1,441件
ドイツ
994件
イタリア
818件

日本
1,064件

中国
262件
9
フランス
27,844件
インド
6,782件

イタリア
1,345件

台湾
939件

ロシア
733件

韓国
1,042件

オーストリア
220件
10
ルーマニア
20,524件
アメリカ
6,067件

台湾
1,323件

スペイン
676件
ポーランド
677件

台湾
750件

タイ
138件


詳しくは、ISOのホームページ(http://www.iso.org/iso/iso-survey)をご覧ください。
※初回掲載時、
“認証件数”と“認証サイト件数”が混在しておりました。2017年1月26日訂正しました。申し訳ございません。

ISO45001/DIS2延期!(2016.11.28)

策定中のISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格)は、10月30日〜11月4日にかけてリトアニアで開催されていたPC283会合においてDIS2(第二次国際規格案)を起草する予定となっていましたが、DISに対する3,000件のコメント処理が完了せず、2017年2月に追加会合を開催することになりました。今後の可能性として、日程は次のような見通しとのことです。

2017年2月:WG1会議にてコメントレビューを完了させる
2017年3月:DIS2編集と準備
2017年4月〜5月:DIS2翻訳
2017年6月〜7月:DIS2投票
2017年9月:PC283及びWG1会議でDIS2投票結果レビュー

DIS2投票で承認された場合、ISO45001発行スケジュールは、「DIS2へのコメントが少なくFDISスキップの場合は、2017年10月/11月」、「FDISが必要な場合は、2018年3月」の見通しとのことです。ISO45001発行までには、まだまだ時間がかかりそうです。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.67より〜

ISO45001/DIS2(第二次国際規格案)作成が大詰め!(2016.10.27)

本年5月にDIS不承認となったISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格)は、現在DIS2の作成が進んでいます。DISに寄せられた3,000件のコメントを審議し、10月末から11月初頭にかけて開催されるPC283会議にてDIS2案の承認を得る予定です。難航するISO45001策定作業もいよいよ大詰めを迎えています。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.66より〜

ISO/TC207/SC1が、“ISO14001:2015 FAQ”を公開!(2016.9.27)

ISO/TC207/SC1がISO14001:2015のFAQ(よくある質問)を公開しました(英文、https://committee.iso.org/sites/tc207sc1/home/projects/published/iso-14001---environmental-manage/frequently-asked-questions-on-is.html)。ISO14001の改訂を担当したSC1/WG5の過去の決議をFAQとして編集し直したものとのことで、和訳は日本規格協会にて作成中であり、近日公開されるようです。完成次第、日本規格協会ウェブサイトにてISO14001:2015の支援文書として公開する予定とのことです(http://www.jsa.or.jp/stdz/iso/iso14000.html)。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.65より〜

JRCAがOHSAS18001審査員研修コース承認事業を開始!―審査員評価登録はISO45001発行後に開始―(2016.9.27)

(一財)日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)が、OHSAS18001審査員研修コースの承認事業を開始しました。ただし、審査員評価登録はISO45001発行後から開始されます。株式会社グローバルテクノでは、「OHSAS18001審査員資格拡大研修コース」をJRCA承認申請中です(詳細はお問い合わせください)。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.65より〜

ISMSクラウドセキュリティ認証が開始されました!―認証基準を公表、認証機関の認定審査開始―(2016.9.27)

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、このたびISMSクラウドセキュリティ認証の認定を開始し、8月1日にISMSクラウドセキュリティ認証の認証基準を公表しました(https://www.jipdec.or.jp/topics/news/20160801.html)。また、一般財団法人日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)から、「ISMSクラウドセキュリティ審査員」基準制定が公表されました。本制度は、ISMS審査員資格の保有を前提とし、ISMSクラウドセキュリティ認証を行うことができる審査員の認証を行うものです。資格基準、申請様式、手続方法等について公開されています(http://www.jsa.or.jp/jrca/index.html?id=160621)。

〜text by 研修部 儀武 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.65より〜

実りの秋の規格改正情報!―関連規格、セクター規格の改訂が着々と進む―(2016.9.27)

ISO9001:2015、ISO14001:2015が発行されてからようやく1年が過ぎました。全世界の認証組織数があわせて150万件にものぼるメジャー規格が同時に改訂されたことで、話題騒然、業界沸騰、関係各所大忙し!でしたが、ようやく、少し落ち着きを取り戻しつつあるようです。その一方で、関連規格、セクター規格の改訂が着々と進んでいます。今回は、主な規格の改訂・開発状況をご紹介します。

☆『ISO/TS 9002(ISO9001適用の指針)』
現在策定中、まもなくFDISが発行されます。

☆『ISO9004(持続的成功のための運営管理)』
改訂作業中、現在CD(委員会原案)です。

☆『品質マネジメントシステム−航空,宇宙及び防衛分野の組織に対する要求事項』
JIS Q 9100:2016は、2016年9月20日に発行されました。移行期限は、2018年9月まで。株式会社グローバルテクノでは、規格解説コース、内部監査員養成コースを12月から開催準備中です。

☆『医療機器−品質マネジメントシステム−規制目的のための要求事項』
ISO13485:2016は、2016年3月1日に発行されました。移行期限は、2019年2月28日まで。JIS Q 13485:2005は、2017年に入ってから改正される見通しです。なお、ISO/TR 14969(ISO 13485適用の指針)は廃止となりました。株式会社グローバルテクノでは、JIS改正にあわせて、規格解説コース、内部監査員養成コースをリニューアルします。

☆『自動車生産及び関連サービス部品組織のISO9001:2008適用に関する固有の要求事項』
ISO/TS 16949:2009は、ISO規格ではなくなり、IATF規格になります。2016年10月発行予定。移行期限は、2018年9月14日です。株式会社グローバルテクノでは、IATF 16949:2016規格発行後、規格解説コース、内部監査員養成コースをリニューアルします。

☆『食品安全マネジメントシステム−フードチェーンのあらゆる組織に対する要求事項』
ISO22000:2005は、2018年6月を発行目標に改訂作業中。現在、CD(委員会原案)の段階です。国内ではHACCP義務化の方向が示されていることもあり、FSMSの取組みが盛んになっています。

☆『情報技術−セキュリティ技術−JIS Q 27002に基づくクラウドサービスのための情報セキュリティ管理策の実践の規範』
ISO27017:2015は、2015年11月30日に発行されました。JIS発行は、2016年11月21日または12月20日になる見通しです。JIS Q 27017規格のJIS原案が、10月20日までの60日間限定で公開されています(http://www.jisc.go.jp/)。トップページから“意見受付広告(JIS)”をクリックし、JIS原案の一覧から、“JISQ27017”を選んでクリックしてください。無料で閲覧できます。また、ISO29151(個人を識別できる情報(個人情報)保護の実践のための規範)のDIS(国際規格原案)が発行されるなど、個人情報保護に関するISO化が進められています。

☆『労働安全衛生マネジメントシステム−要求事項及び利用の手引』
ISO45001は、現在、DIS(国際規格原案)の段階で、2017年春〜秋頃に発行される見通しです。

<補足>JIS規格は、日本工業標準調査会のJIS検索データベースで無料で閲覧できます(http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html)。

〜text by 研修部 萬木 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.65より〜

JRCAがOHSAS18001審査員研修コース承認事業を開始!―審査員評価登録はISO45001発行後に開始―(2016.8.23)

(一財)日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)が、OHSAS18001審査員研修コースの承認事業を開始しました。ただし、審査員評価登録はISO45001発行後から開始されます。

メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.64より〜

クラウドセキュリティ審査員研修コースが正式にJRCA承認コースへ!(2016.7.21)

弊社クラウドセキュリティ審査員研修コースが、日本国内にて1番最初に認定を頂きました(http://www.gtc.co.jp/semn/isc/ilac.html)。クラウドセキュリティ審査員研修コースとは、ISO/IEC27017に基づきクラウドセキュリティ審査員(補・審査員・主任)を養成するコースです。対象者はJRCA登録のISMS審査員(補・審査員・主任)となり、コース(2日間)の合格修了で、JRCAへ “クラウドセキュリティ審査員” としての登録の要件の一つを満たします。JRCA登録のISMS審査員(補・審査員・主任)の資格をお持ちでない方も受講可能です(ただし審査員(補・審査員・主任)として登録はできません)。その他1日コースの「ISO27017に基づくクラウドセキュリティ構築のポイント(ISO/IEC 27017:2015及びJIPDEC要求事項解説)」もございます。規格解説を短期間で集中的に学習する事ができます。

メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.63より〜

ISO45001はDIS2作成へ ―発行は2017年6月or11月か―(2016.7.21)

DIS 45001(労働安全衛生マネジメントシステム規格)は不承認となりました。DIS投票後の6月6〜10日に開催された第5回PC283会合では今後の進め方について審議され、DIS2(国際規格案第2版)を作成することとなりました。予定は以下のとおりです。

2016年10月/PC283総会(DIS2作成)
2016年12〜2017年1月/DIS2回付(投票期間2ヶ月)
2017年5月/PC283会合
2017年6月/ISO 45001発行(FDISスキップの場合)
2017年11月/ISO 45001発行(FDIS経由の場合)

また、ISO45001作成作業と並行し、ISO/TS 17021-10(労働安全衛生マネジメントシステム審査員力量要求事項)の新業務項目提案が承認されています。DISに対するコメントは約3,000件に上っており、ISO45001発行までには、まだまだ予断を許さない状況です。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.63より〜

ISO/DIS 45001不承認! −発行は2017年春以降に−(2016.6.17)

5月14日付けで「ISO45001」(労働安全衛生マネジメントシステム規格)のDIS(国際規格案)投票が締め切られ、投票の結果、ISO/DIS 45001は不承認となりました。承認されるには、賛成2/3(66.66%)以上かつ反対1/4(25%)以下が必要ですが、投票結果は賛成71%、反対28%でした(反対票が基準を超えて不承認)。主な反対国は、フランス、ドイツ、アイルランド、アメリカ、イタリアです。各国のコメント数も過去最多(2,966)であり、6月のトロント会 議、9月のPC283総会を経て再度DISを作成するものと思われます。したがって、本年秋に予定されていたISO45001発行は不可能となり、早くとも2017年春以降の発行となりそうです。

〜text by 研修部 澤本 メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.62より〜

ISO/DIS 45001続報! 発行は2016年10月 or 2017年?(2016.4.15)

2月12日付けで「ISO45001」(労働安全衛生マネジメントシステム規格)のDIS(国際規格案)が公表されました。DIS投票は5月締切となっており、その結果が注目されています。今後の予定は6月に第5回PC283会議を開催予定で、早ければ2016年10月にもISO45001発行となります。しかし、一方ではDISに対するコメントが多くなれば処理に時間がかかり、発行は2017年以降になる可能性も指摘されています。

メールマガジン 「グローバル・ニュース」 Vol.60より〜

バックナンバーはこちら



 
関連情報
ISO最新情報
品質マネジメントシステム審査員(ISO9001審査員)になるためには
環境マネジメントシステム審査員(ISO14001審査員)になるためには
情報セキュリティマネジメントシステム審査員(ISMS審査員)になるためには
食品安全マネジメントシステム審査員(FSMS審査員)になるためには
各種審査員資格登録申請要件
関連情報
マネジメントシステム用語集
アセスメント協会

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る